スマホ・携帯サイトに最適の転送URL
djp.jp/*** というスマホ・携帯で入力しやすい転送URLを登録(一時停止中)
宇宙蟹工船
系外銀河からやって来た「彼ら」は、法と民主主義のもとに経済戦争を仕掛けてきた。いま、人類破綻の前ぶれが第三惑星を旅立つ。
こくぶんじのみずのみどり
三億円事件の年(昭和43年)の国分寺を再現しています。漢字では「国分寺の水飲み鳥」です。
 警察に頼まれても検察庁が警官犯罪ごまかしはやめよ




 毎日一年中、犯罪を企て実行している山口県警日本警察にも、あきれるが、
「山口地方検察庁の警官犯罪ごまかし」
も、呆れてしまうレベルである。
 私が15年以上、
「車に乗れば毎日一日中、警察警官首謀の交通犯罪被害を受け続ける」
のも、
「警察警官がどんなに犯罪をしても、犯罪ごまかしを、検察庁が行うから可能な業」
なのである。
「犯罪をした警官を、私が検察庁に告訴してすぐ逮捕されるなら、山口県警の交通犯罪等は、最低でも、10万回は減った」
に違いない。


 検察庁は、
「犯罪を行った人間を、裁判にかけるか(つまり、刑事裁判にするか)どうかを決める機関」
であり、一般的には、
「県警警官が捕まえた犯人を、検察庁検察官が起訴して、刑事裁判が始まる」
という過程となり、当然の事ながら、普段から「警察と検察」との仲間意識は高いようで、昔から全国各地
「検察官が、警官犯罪ごまかしをした」
と見なせるような事件が認められる。

 しかし、本来、犯人が警官であろうが、一般人であろうが、誰であろうと、交通殺人行為の様な重大違法行為をする者がいれば、逮捕し、そして起訴すべき事は、憲法が保障す法の下の平等概念からも、当然である。


 しかし、1999年から2009年の今日まで、私は236回警察や検察庁に告訴状を提出し、そのうちの殆どは
「殺人未遂罪」
の様な。
本来なら大事件
であり、検察も次々に犯人を起訴して当然だが、検察が「私が告訴した犯人」を起訴した事は一度も無い。
「刑事被告人にほぼ毎回、警官が含まれている」
という事が、検察が誰も起訴しないという最大の理由と思われる。


 実際、1999年から2009年の今日まで。私は、山口地検(山口地方検察庁)等検察庁に20回程度、「山口県警警官等を被告とした告訴状」を提出していて、2005年からは
警官犯罪を追及すると、いちいち逆恨みして、命を狙ってくる山口県警は、殺人集団・犯罪組織である。さっさと起訴しろ
と記述して、検察庁に告訴状を提出するパターンが多い。
 

 これらの告訴状は、警察に提出する告訴状形式と、基本的には同じスタイルである。4判4枚組がもっとも基本的なスタイルで、「B4判1枚スタイル」や「A4判スタイル」のものも、提出する内容によって、その時その時に応じて使い分けた。
 そして、これらの告訴状には必ず、何枚かの「告訴状用地図諸資料(「交通妨害がなぜ、殺人未遂罪になるのか」、 「組織的犯罪であることの証拠」、 「パトカーによる交通妨害例」等といった内容の物で、100種類以上あるが、そのうちの数枚から数十枚とを添付して提出している。

 しかし、
「仮に一回でも犯人を逮捕して裁判になれば、次々に別の犯罪が暴露されていくのは明白」
な上に、
「1999年に『殺人未遂事件数件』の告訴状を、私に提出された山口地検が、非事件としてごまかそうとした為 私が広島高等検察庁に、山口地検への指導及び処分を求め私の言い分が認められた
という問題事があり、この後、担当官は、山口地検ナンバー2である次席検事が
交通妨害が、なぜ殺人未遂になるのか
と言っていたと、法律解釈論上論外・問題外な説明を私にした。

 「交通事故で人間は死ぬ」
という世の中の現実がある以上、
「正面衝突等発生を狙う行為は、当然、殺人未遂罪が成立する」
と法律解釈するのは、法律上、当然の帰結ーーーーしかし、この後、山口県警と山口地検は、表沙汰になると自分達のでたらめぶりが世間に知れ渡るのを恐れ、このときの事件を再び「汚い手」を使って、ごまかしているーーーー
という経緯もあり、検察庁は2009年の現在も、犯人の一人として起訴した事はなく、ごまかし続けている。


 告訴状の提出行為は、前述の説明の如く、真実のみを書かねばならず、
「嘘を書いて人の刑事処分を求めた者は10年以下の懲役
が科せられる。冗談や或いは人を陥れるために、虚偽内容での告訴状提出行為には、この様に重い刑罰が定められているのである。

 一方、他のホームページ(「私に200回告訴されている山口県警」)でも指摘しているが、
「1999年から2006年6月までに私が検察庁や警察に提出した告訴状」
に関して、
「内容に虚偽がある。けしからん」
と、検察庁や警察が私に文句を言って来た事は、一度も無く、この事実は
「私が提出してきた告訴状の記載内容が、真実に基づいたものだ」
と、検察庁や警察が認めてきたものと、法律上見做せる(ーーーーここで言う「法律上見做せる」という言葉は、法律用語では、一般用語での「断定できる」位の意味で、ほぼ確定している という意味の推論解釈用語)。

 特に検察庁は、法律の専門家集団であり、法律家集団である検察庁検察官が、
「その様な指摘を一度もし得なかった」
という事実は、これまで私が提出してきた告訴状記述内容を、検察庁検察官が常に真実だと認めてきたことになる。


つまり、検察庁や警察は、
私の告訴状の内容が、真実であると毎回認めておきながら、交通殺人未遂犯のような重大事件被告人及びその共犯者数百人や諸犯罪被告人を、毎度毎度平気で故意逃がしている(不作為による犯人隠避蔵匿罪)」ーーーー不作為とは、法律用語で「本来はすべき義務があるのに何もしない事」の意味で、このケースでは、、「本来は犯人を逮捕したり起訴したりすべき義務があるのに、それをせず、犯人を逃がしている」ので、犯人隠避(いんぴ)罪が成立すると我が国刑法上解釈出きるーーーー
という事になり、この事は、このホームページで指摘している如く
「司法制度そのものの崩壊」
を意味する暴挙であり、自分達の都合だけを考えた自己中心的な悪行である。



 同時に、
「一般国民が、場合によっては、『こじつけ』的な罪名や理由で逮捕されるケースも、度々ある」
という司法の現実と対比して捉えると、余りにも不平等であり、「法の下の平等」に著しく違反し、わが国の基本法である憲法違反の可能性も、極めて高い。


 事件が次々に表沙汰になると、検察庁検察官に都合が悪いからと、殺人未遂罪やその他の懲役刑犯罪のような「重大犯罪被告人」を、勝手に、次々と隠避するような事は、法治国家日本では許されざる行為であり、その様な組織は、法治国家日本の法体系の中では、不要である。
デタラメばかりしている警察が不要なら、その様な警察の犯罪ごまかしに加担している検察も世に有害
である。
 

  どの様に犯罪体質の集団でも、戦争を除いて考えれば、
毎日一日中、一年中、殺人行為を企て実行している集団は、1999年から2009年の間に200回告訴状を提出されている日本警察位なもの
であり、「そのような例は、他に聞いた事が無いレベルの不祥事」であるが、その
「日本犯罪史上最低レベルの公務員不祥事」
であると同時に
日本犯罪史上最低レベルの警察不祥事
を、警察に延々とさせてきたのは、
私に数十回告訴状を出されても、そ知らぬ顔をして何もせずーーーー日本の法律では、検察庁は、告訴人(私)に対して、処分通知書を送付する義務が規定されているが、山口地検が告訴人の私に処分通知して来たことは、1999年から2009年の間に、一度も無く、この点も、法律無視。送付後に、私に処分通知書の内容を公開されるのを恐れているのだろうーーーー警察警官の犯罪を見逃して、事実上幇助(法律用語で、『手助けによる共犯行為』の意味)してきた検察庁検察官
である。
 本来は犯罪を阻止したり、犯罪を追及すべき職業のこの連中の
職務・国民に対する義務観や倫理観の欠如」
には、呆れてしまはざるを得ない。


 また、単に「幇助」にとどまらず、
本来すべき職務をしないで、給料を受け取っている
という事になり
「詐欺罪も成立する」
という事も、確実である。


 この様な山口地検のでたらめぶりに対して、「責任」をとらせる為、
『警官が現行犯人をすぐ逃がす事件』等、何度告訴状を提出しても犯人起訴もしなければ、告訴人の私に対してば処分通知も全くしない山口地検の責任者である石橋山口地検検事正』
被告(つまり、容疑者として、
「犯人隠避臓匿罪」及び「職権濫用罪」で、横田広島高等検察庁検事長宛、2005年8月29日付け
にて
第232回告訴状」
を提出した。

 日本の法体系で考えれば、地方検察庁検事正などの刑事責任を追及するには、直属の上級機関である「高等検察庁」(中国地方では広島高検)に告訴するのが、最も妥当な手法と見做せるからである。


 だが、私の告訴状で被告となっている石橋山口地検検事正は、逮捕されたり処分される事もなくその
「一カ月後、2005年9月30日付け」
で、
最高検検事人事異動」
しており、2006年は、最高検察庁にいたものと思われるか、2009年の現在は所在不明。

 つまり、
我が国内法上は『明らかに刑事事件被告(犯人)と見做しえる山口県警警官諸事件』の扱いで、山口地検の責任者として、完全に法律無視を繰り返しても、上級機関が処分する事もなく、最高検察庁に人事異動させる
というこの布陣は、ただ単に私の広島高等検察庁への告訴を握り潰すという意味合いを持つだけではなく、
山口地検がしている犯人隠避等に関する告訴に対して、広島高等検察庁が、何もしない。山口地検も広島高検も処分してほしい」
という風に私から、
最高検察庁に処分要求書や告訴状など提出された時ごまかし処理し易い様に考えての人事異動ではないか
と思われる人事異動である。
 

 そして、もっと面白い(?)事には、この2006年6月23日、検察庁の最高責任者・検事総長がこの6月末にかわり、それに合わせて、最高検察庁ナンバー2である長検事横田広島高等検察庁検事長が就任するという発表があった事である。


 この人事は、非常におかしい人事となっている。

 そもそも、横田広島高検検事長は、2005年8月25日付けで広島高検検事長に就任しており、就任して日が浅い
 なぜ、この様に、広島高検検事長に就任して日の浅い横田検事長が、わざわざ東京の最高検察庁ナンバー2になるのか。広島から東京に人事異動しなくても、そのまま広島高検検事長のままでよさそうなものであるが、なぜか最高検察庁に異動するのである。

 しかも、人事異動の一般論として考えるなら、広島高検の責任者が異動するにしても、就任後2年前後が普通であろうし、移動先名古屋か大阪の高検責任者あたりに落ち着きそうなものである。
 だが、横田氏の場合、就任後1年も経ず、しかも「最高検察庁」という異動先となっていて、この人事には何らかの意味が隠されていると勘ぐられる方が、普通ではないだろうか。

 その上、この最高検察庁という所は、言わずと知れた「広島高等検察庁(広島高検)上級機関」である。

 つまりこれは
警察に犯罪し放題にさせている山口地検のでたらめぶりや法律無視を、充分知っていて何もせず、山口地検同様に、平気で諸犯罪ごまかしをしている広島高検の責任を、わざわざ『最高検察庁のナンバー2』に抜擢する事によって、これより先に、山口地検から最高検察庁に転勤となっている『石橋検事正』共々私に近々追及されるであろう山口地検や広島高検のでたらめぶりを、ごまかし易くした人事
だとも、理解出来るのである。



 実際に人事異動を決めているのは、法務省と検察庁であるが、法務省や検察庁がこれらの人事に関して、どの様な言い訳をした所で、
実質上そうなっているし、それが可能な人事
である事に変わりはない。


 ただ、「ごまかす積りが無い」のなら、「ごまかす積りが無い」で、それはそれで良い。私は最初から、それこそ、それを望んでおり、さっさと一連の不祥事関与者次々に逮捕・処分して頂きたい。


 現実には2009年の今日まで、検察庁は「一連の警察警官犯罪」に関して、それをもしていない以上、
不祥事ごまかし人事
だと見られるのが、当然の解釈であろう。



 何にせよ、ごまかしであろうがなかろうが、職務上やるべき事をする当然であり、犯罪に加担したり犯罪の隠蔽に関与している者達を、次々に処分する事の方が、人間社会のルールとしては「常識」である。
 検察庁の幹部達にも、「それ位の人間としての常識倫理観」は持って頂きたいものである。



 以前のホームページで
仮に、「私に関する一連の警官犯罪・警察不祥事」が、あってもなくても、警察の犯罪体質を指摘する声は、インターネット上に溢れている。この事は、毎日交通殺人行為被害を受けて来た私の体験と、類似した被害を受けている国民が、日本中に存在している可能性を示している
と、私は書いているが、
「2009年1月24日」
から東京新宿で公開されてている
「映画『ポチの告白』」
で、やはり私が想像していたように、実話としての警察の組織犯罪ぶりが描かれている。
 そして、
「警察の組織犯罪組織ぶりを、知っているのに報道しないNHK等マスコミの実像」
も描かれている。
 日本中で、警察が日常的に犯罪を企て実行していることに、疑問の余地は全然ない。

 その様な「横暴組織犯罪組織警察」を。長年作ってきた大きな原因のひとつが、無論、このホームページで説明してきた
警察と持ちつ持たれつで、警察の諸犯罪を見逃しごまかして来た検察庁検察官達
に在る事に、疑いの余地はないだろう。



 この様な不正にや事件に関与していない検察庁の幹部達も、検察庁の体質を大いに反省し、この2009年でも遅くはないので、即座に関与者を処分して
「警察警官の犯罪をごまかさず、職務義務を遵守して頂きたい」
というものである



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ようこそホームページへ
 このホームページは、15年以上「警察警官犯罪」を追及し、毎日、警察首謀と見做せる諸犯罪被害を一日中受けている「長門市油谷・中嶋英昭」
が、
「警察の責任」
の追及と
「一連の事件・警察の犯罪事実・警察の犯罪体質を表沙汰にする」
という事を念頭に、作成公開しているものです。


 2009年1月24日から公開され始めた映画「ポチの告白」で描写されている如く、NhKや全国新聞などは、
警察が毎日犯罪を実行しているのを、知っていて、国民には報道しない」
ので、一般の国民は、警察が毎日犯罪をしていることは知らずに「警察はそこそこまじめにやっているもの」と思い込んでおり、日本では、警察は犯罪し放題です。


 そのため、私のホームページでは、
「信憑性を証明する目的もあり、具体的な実名を挙げて、追及」
をしています
 わが国内法上、全く問題のないレベルと判断しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホームページ作成公開日:2009年3月8日


最新更新日:2015年12月30

ーーーーーーー

このホームページは、現在全6ページです。


トップページ (このページです)
警察に頼まれても検察庁が警官犯罪ごまかしはやめよ


2ページ
警察指示と見做せる犯罪を山口地検がごまかしている例


3ページ
警察に頼まれてもヘリコプターを犯罪使用はやめよ


4ページ
毎日1日中犯罪を企て実行している警察予算は半減せよ


5ページ
検察庁は警察のでっち上げなりすまし犯罪等放置するな


6ページ
犯罪を警察毎日実行は放置し野党党首秘書逮捕は演出か


ーーー

1〜4ページ作成公開日:2009年3月8日と3月10日
5ページ作成日:2009年3月11日
5ページへのリンク設置日2009年3月11日
「当り屋行為9万回山口県警実行も報道しないNHK」HPへのリンク設置日:2009年3月15日
「言論の自由無い国日本・当HPも国民アクセス不可能か」HPへのリンク切磋地日:2009年3月15日
「NHK等は警察不祥事99%隠蔽1%のみ報道はやめよ」HPへのリンク設置日:2009年3月18日
6ページ目の作成日:2009年4月13日
6ページ目へのリンク設置日:2009年4月13日


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「当り屋行為9万回山口県警実行も報道しないNHK」
   http://realbeinger8.yu.to/
にリンクをつけました。


 「警察が毎日あの手この手と当り屋行為を実行してくるのを、NHK等は知っているが、報道しないで、国民に全然知らせようとはしない」
という内容のホームページです。

 ただし、アクセス妨害をしている者(当然、共犯警官のはず)がいて、このホームページやその他の私のホームページには、国民からアクセス出来なくなっています。


 しかし、アクセス可能な人は、ぜひ読んでほしいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーー
「言論の自由無い国日本・当HPも国民アクセス不可能か」
    http://realbeinger7.nsf.jp/
にも、リンクをつけました。



 「私のホームページは、警察の犯罪行為やごまかし行為、そして警察が国民を毎日犯罪実行に使っているという事実などを指摘しているが、ホームページは全て国民からアクセス出来なくなっており、憲法で保障された言論の自由は、わが日本国には無い」
という内容のホームページです。


 このホームページ自体も、国民から、アクセス不可能です。



 共犯警官に指示されていも、毎日犯罪を実行するのは、いい加減やめましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「NHK等は警察不祥事99%隠蔽1%のみ報道はやめよ」
    http://realbeinger222.srv7.biz/
へも、リンクをつけました。


 このホームページは、
「NHK等マスコミは、警察が毎日一年中犯罪を企て実行しているのを、知っていて国民には全然報道しない」
という事実を、具体的に指摘したホームページです。

 ただし、このホームページも、アクセス妨害をしている者(勿論、共犯警官の筈9がいるようで、国民から普通にはアクセス出来なくなっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著者権に関するお願い

 わが国の法律では、個人ホームページなどの文章等を、勝手に複写使用する行為は、原則として禁止されています。
 私のホームページに関しても、その原則は適用されます。

 私の一部のホームページを、勝手に複写してあたかも私が公開しているかの如く見せているホームページがあり、大変迷惑しています(当然、共犯警官の仕業とは思いますが)。

 この行為も、勿論違法ですので、この様な行為は、なされないようにお願い致します。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次の2ページ目は
警察指示と見做せる犯罪を山口地検がごまかしている例
です